親子でできるカードゲーム

絵札は映す

 

親子でできるカードゲームを考えてみたい。

そう考えることが一種のゲームのようにも思えるのだが。

 

というのも、本来どんなゲームであっても

親子で楽しむことはできるはずだから(笑)

 

そこを敢えて考えていくということは、

勝ち負けに関するスタンスのような気がする。

 

子供に対して手を抜かず、全力で勝ちに行く人もいれば

ハンデをつけて子供が勝てる可能性を尊ぶ人もいる。

どちらも親心だし、

何が良いかはケースバイケースだと思う。

 

という前提を踏まえた上で、

運と技術のバランスを考えること。

つまり、そこで提示されるのは、とどのつまり

ゲームデザイナーの教育観なのかも知れない。

 

さて、では自分はどうなのか?

この命題は思ったよりも難しそうだ。

 

next

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ