坊主頭は英語で Shaved head です

『Ars Combinatoria』の解説書は、
日本語と英語で書かれています。
それらが併記されているので、
英語を解する人と一緒にゲームのインストを
することができます。
 
その英訳を担当してくれたのは
ボストン出身のアレン・サミュエルさん。
いろんなご縁をたどってつながった方ですが、
とても丁寧に翻訳してくださり、
また、表現上のサジェストもたくさんいただきました。
 
作者以上に思い入れを込めて
「伝える」ことを工夫してくれた感じです。
多謝!
 
で、風貌も穏やかな方なのですが、
スキンヘッドにされていて、
そんなところも親近感を覚えた次第。
せっかくなので、ぼくと写真を並べてみました。
 
左が日本語の「坊主頭」で、
右が英語の「Shaved head」です(笑)
 
 
 
サミュエルさんの略歴は、以下の通り。
ぼくが「魔法」と呼ぶ
すぐに人を仲良くしてくれるカードゲームの魅力に
深い共感があることも嬉しいですね。
 
アレン・サミュエル
アメリカ出身。
アメリカの大学を卒業し、直後に来日。
現在まで東京でゲーム全般の翻訳に携わっています。
近年は、
かねてより興味のあったデジタルゲームだけでなく、
ボードゲームを中心としたアナログゲームにも
関心を広げて翻訳活動を展開しています。
アナログゲームには、一緒にプレイするだけで
あかの他人を友達に変えてしまう不思議な力があります。
日本のゲームの素晴らしさを世界の人々に伝えるため、
これからも努力し続けたいと思います。
 
というわけで、
『Ars Combinatoria』のご予約はこちらから。
5月14日(日)ゲームマーケットで
200個を限定販売します。
 

『Ars Combinatoria』予約ページ

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ