ゲームをつくるというゲーム

ぼくがつくったゲームを買ってくれたりプレイしてくれたりする人に
申し訳ないと思っていたことが1つあります。
それは、ぼくが一番楽しいと思うのは「ゲームをつくること」。
つまり、一番おいしいところを自分で食べちゃってたわけです。
 
それは、まぁ、仕方のないことではあって、
魚だって野菜だって、採れたてが一番おいしい。
釣ってすぐに船の上で調理すれば、それ以上新鮮な刺身はありません。
あるいは、とうもろこしは採ったあと急激に糖度が落ちるので、
市場経由では本来の甘みを味わうことが困難です。
 
同じようにゲームをつくる楽しみが味わえるのは
ゲームメーカーだけ、と一旦は言えるわけです。
「一旦」と書いたのは、それは限定的なことではないな、と。
運び方を工夫すれば、実は一緒に楽しんでもらえるものだと
思うからです。
 
 
ぼくは、つくることには
それ自体の楽しみが宿っていると思っています。
つくる側が苦しくて、
消費する側だけが楽しいものもあるでしょうが、
つくることには根元的な楽しさがある。

脳は感情的な主語を区別できないので
「これはこんな風に楽しんでもらえるだろうな」
と想像しながらつくることは、
実際に使ってもらう人の楽しさを
先んじて味わっていることになるわけです。
つまり、一番新鮮な状態の楽しさ!
 
 

『Ars Combinatoria』プロジェクトの最も大きな野望は、
そんな風に「つくることの楽しさ」を
一緒に味わってもらうことなのです ( ̄^ ̄)ゞ
 
『Ars Combinatoria』では、
自分だけのオリジナル・カードをつくることができますし、
一緒にゲームや解説書を開発していく仕組みも現在準備中。
本当に提供したいのは「つくる喜び」なんです。
 
とはいえ、料理教室に通うのは
自分で食べることを楽しみ始めた後だと思います。
いきなり「ゲームづくり」から始められはしませんよね。
その意味で、今回リリースする『Ars Combinatoria』1巻は
最初の一歩になるものです。
 
一緒にゲームづくりの楽しさを味わいたい方はぜひ!
 
『Ars Combinatoria』1巻の予約ページはこちらです。

『Ars Combinatoria』予約ページ

 

 

2 Responses to “ゲームをつくるというゲーム”

  1. Chadwick より:

    Toll gemachte Website, das Layout gefaellt mir
    echt gut! War bestimmt ‘n haufen Aufwand. http://pahorsemall.com/author/elisabethso/

  2. Jorja より:

    they want these routes to be color coded (Red Line, Blue Line, etc.) but the feeling is that they need some adiindotal identity to indicate how they are different (more frequent service, limited stops) from the rest of the system.How do you get to the airport? Take the Blue Canoe! (kidding)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ