ワークショップ

ƒ^ƒCƒgƒ‹

 

とても楽しい相互内観

 

IMG_0139

 

シンボルアートを自分でつくるワークショップを定期的に開催しています。

テーマは確かにシンボルアートですが、

このワークショップ、実は「自己認識」に関する画期的なプログラムです。

自分自身の内面を覗くことを内観と言います。

シンボルアートの作成に際しては、まずはこの内観をしっかりと行っていただきます。

とはいえ、自分のことって、自分ではなかなかわかりませんよね。

自分の顔を見るのに鏡が必要なように、自分の内面を見るためにも鏡が必要です。

では、人間の内面にとっての鏡とは何か?

それは、他者、つまり他の人の存在です。

普段はその役割をスギオカが担当しています。

しかし、スギオカだけがそれを行ったのでは対応数に限りがありますし、

やはりいささか高額になってしまいます。

 

そこでひらめいたのがワークショップ形式による相互内観でした。

 

参加者同士で相手を映す鏡になってもらえば、この楽しみは飛躍的に広がります。

嬉しいことに、この仕組みによって生まれる参加者同士の友好関係は

ビックリするくらい素敵なものでした。

 

写真_01

 

シンボルアートは個性の象徴

このプログラムでは、シンボルアートのラフ案をご自身で描いてもらいます。

もちろん、中には「自分の個性ってわからない…」「絵心がないんだけど…」

という方がいらっしゃると思います。

でも、大丈夫。

そういった方々に、自分の手でラフ案を描いていただく工夫こそ

このプログラムの真骨頂だからです。

 

そもそも、目指すところが「うまい/へた」ではありません。

その人らしいかどうかがシンボルアートのおもしろさなので、

技術を越えたところに喜びがあるのです。

 

そして何より、参加者の方にとても楽しんでもらっています。

それは、もう遊んでいるように(笑)

実際、プログラムはカードゲームを楽しむところからスタートします。

スギオカが考案したカードゲーム『PAAR』と『Digital Numeral』を使い、

和やかにペアワークをスタートしていただきます。

 

01_02

2014-11-12 22.38.17

 

標準的なプログラム例

 

10:00〜10:20 プログラム全体の説明
10:20〜10:40 完成サンプルに関する意見交換
10:40〜11:40 カードゲーム(PAAR、Digital Numeral、Dixit)
11:40〜12:00 質問用紙に回答
12:00〜12:40 昼食
12:40〜13:00 午後のプログラムの要点解説
13:00〜13:20 回答サンプルに関する議論
13:20〜13:40 キーワードの抽出
13:40〜14:00 キーワードの統合
14:00〜14:20 言葉→イメージの解説
14:20〜15:50 ラフ案作成
15:50〜16:20 結果の共有
16:20〜16:40 まとめとデータ化の解説

 

プログラムを通じて、あなたは次のものを手に入れられます。
1 シンボルアートのラフ案
2 新しい自己認識
3 発想と素描のコツ
4 運命的な交遊関係
いずれも、他のワークショップやセミナーでは、ちょっと手に入らないものです。

大げさに言えば、世界初(?)のプログラムだと思います。

 

rafu_05

 

参加者の声

難しそうと思っていたが、作品ができてよかったです。

やってみると案外できるもんだなあと思いました。

また雰囲気もとてもよく、いい時間がすごせたことは、

作品ができあがった以上にうれしかったです。

ありがとうございました。またご成功おめでとうございます。

参加する前と後では、気持ちがぜんぜん違っていました。

なんだかスッキリした気分で心地いいです。

前半のカードゲームでペアを決めるプロセスもユニークですね。

初めての体験で、どんなものが出来上がるのか、楽しみでした。

試行錯誤の中、勝手に出来上がった様な気がして不思議な感覚でした。

大変おもしろかったです。

アイスブレイクのカードゲームもすごく良かったです。

たいへん勉強になりました。

デザインのこと、自分自身を見返すこと。

パートナーのキャラクターをどう理解するか、ということ。

又、カリキュラムの立て方、カードゲームの導入、と。

細かい部分もいろいろ配慮があり、感動しました。

たくさんの人に参加して頂きたいですね。

私も、PRに協力したいと思います。

 

写真_02

 

開催予定

次回の開催は現在企画中です。
ご依頼による開催は随時受け付けていますので、ご興味ある方はメールにてご連絡ください。

 

photo_04

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ