張さんご夫婦

中国で暮らす新婚夫婦のシンボルアートです。
新婦のベニちゃんは、昔通っていたいたカフェ:エッグファームズの仲間でした。
当時は留学生として日本に滞在していましたが、その後中国に戻って就職。頑張って働いていましたが、このたび晴れて結婚することになりました。
そこで、そのお祝いにと森幸代さんから依頼があり、ご夫婦のシンボルアートを作ることになったのです。森さんはもともとベニちゃんの日本語の先生だったんですね。
国際的な展開です(笑)

さて、まずは最初の回答から。
ベニちゃんは日本語ができるので、旦那さんの回答も翻訳して送ってくれました。

 

新婦:張維佳(Benny)、新郎:薜坤(Kun)
Q:自分の名前についてどう思いますか?
B:苗字の「張」は中国で三番目多い苗字です。ちょっと普通すぎると思います。「維佳」は「頭が佳し」という親の希望ですが、実際はまあまあ普通程度かな。笑。もうちょっと女の子らしく、柔らかく、人とダブらない、特別で、印象に残る名前がほしかったです。
K:自分の名前が好きです。明るくて、「坤」はちょっと女性っぽいですが、自分の性格と組み合わせしたら、感性的な感じがします。

Q:好きな文字は何ですか?
B:愛
K:道

Q:あなたにとって大切なものは何ですか?
B:素直で、誠実な心。
K:夫婦愛、親戚愛、友情。

Q:今まで一番嬉しかったことは何ですか?
B:旦那と出会って、プロポーズされたこと。
K:運命の人と出会えたこと。

Q:ずっと続けていきたいことは何ですか?
B:幸せな家庭を経営すること。
K:愛する人を守って、二人の愛を大事にすること。

Q:これまでやっていないことで、やってみたいことは?
B:専業主婦と子育て。
K:ビジネスすること。

Q:晩年にくらしたいところはどこですか?
B:日本の田舎。
K:茅山(出身地:江蘇省鎮江市茅山)OR 上海。

 

初々しい回答です(笑)
ベニちゃんが将来くらしたい場所に、「日本の田舎」を選んでくれたのが何となくうれしいですね。
ただ、これだけではなかなか個性を特定することができないため、新しい質問を追加でしてみました。

 

Q:お互いのことを何と呼んでいますか。
B:旦那のことを[あなた]と呼んでいます。結婚する前に[豚ピョン]と呼んでいました。彼はちょっと太ってるから、可愛い豚ちゃんって感じです。
K:奥さんのことを前から[宝宝](baby)と呼んでいます。僕にとって宝物の
ような存在で、大事にしたいです。

Q:お互いの好きなところ
B:力持ちで、丈夫なところ、人に優しくしてくれるところ、悪い人を恐れず勇敢なところ、社交が上手なところ、暖かい手、感性なところ…
K:彼女の目つき、言葉、性格、優しさなど全部。

Q:相手らしいと思う行動は?
B:どんなに遅くなっても、私を家まで送ること、美味しいものを食べたらすごく幸せそうな顔をすること、食べ物のいい香りをしたら、鼻でいっぱい嗅いで、その食べ物を名前を言い出すこと。
K:穏やかで、物事をするには規律がある、例えば、早寝早起き。お粥が好きで、食べるには白いお粥(お米以外に何も入ってない)が一番好き。

Q:ご自身を象徴するエピソードを教えてください
B:日本にいたときはとっても勤勉で自立で、バイトをたくさんした。(今はまた親と旦那に甘えてばっかり、全部任せきり)。昔は食いしん坊の時期があって、ぽっちゃりしてました。(今は痩せて、普通に戻りました)
K:学校時代はよく喧嘩してて、しかも負けたことがない、喧嘩強い人。子供時代は貧乏で、結構苦労しました。

 

いいですね。
お互いを思う気持ちが伝わってくるようです。
しかし、複数の人を満足させるシンボルアートが難しいのは、なかなか整合性が取れないから。たとえば、奥さんのことを「宝宝」と呼ぶのは素敵ですが、それにあわせると「豚ピョン」? それはちょっと…(笑)
というわけで、「宝」と「K」を組み合わせることにしました。もう一案は、お互いが好きなところ。旦那さんの手と奥さんの目をテーマにしました。

 

046_ベニちゃんb

 

実を言うと、この前に2案考えていたのですが、イニシャルだけだと単純だし、平仮名は日本語がわからないとピンとこないので、いずれも採用しませんでした。平仮名の案はね、ちょっともったいない感じもしたのですが。

 

046_ベニちゃん

 

いずれにせよ、提示した案の中では「宝とKの組み合わせ」を気に入ってくれました。
そこで早速データ化。色についてはあまりひねらず、奥さんを赤、旦那さんを青にしたところ、これはスマッシュヒットでした。

 

Benny&Kun_4C

 

これで良いと思います。私の好きな色は赤、旦那の好きな色はブルー、紺色、二人とも満足です。いろいろと本当にありがとうございます。

 

というわけで、発想以降は極めてスムースに進んだのでした。
複数の人をシンボライズするのは難しいなぁ、とあらためて思いましたが、誰もがうれしくなる感じはいいですね。
お二人の幸せを、心から祈念いたします。

 

tsugi

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ