シンボルアート

living_4

 

 

世界でただ1つのものを、持ちたくないですか?

 

そして、それがあなたに絶対的な癒しと喜びを与えてくれるとしたら、どうでしょう?

流行に左右されることなく、常に心をやる気で満たしてくれるもの。

他の人がいくらお金や時間を費やしても手に入らないもの。

その宝物が隠されているのは、あなたの心の中です。

個性やこだわりとなって結晶している、あなたの人生。

 

それを形にしたものが、『シンボルアート』です。

 

 

作家が自分の個性を磨いて作品を生み出し、コレクターが買う。

それが一般的な美術品の在り方です。

ほとんどの商品がそのように開発されますが、

美術品も商品なので、その仕組みはおかしなものではありませんでした。

「でした」と書いたのは、少し事情が違ってきているからです。

市場にはモノがあふれ、

全ての商品はその在り方を問い直されてきています。

クライアント個人に強くフォーカスし、

より丁寧に生み出すことが求められ始めているのです。

究極的な理想はオーダーメイドでしょう。

それをアートの分野で実現したサービスがシンボルアート。

 

 

他の誰かではなく、あなたのためだけに作られるアートです。

 

5つのベネフィット

「シンボルアートって一言で言うと何ですか?」と聞かれることがあります。

全く新しい活動なので、イメージしてもらうのが難しいのも当然。

そんな時には、「内面的な似顔絵ですよ」と言ったりします。

実際、その人らしいかどうかが基準になるので、とても似顔絵的です。

もちろん、しっかりとしたベネフィットもあります。

具体的には、

1 内観
2 自分軸
3 制作体験
4 コミュニティ
5 実用

 

美術史的な言い方をすれば、「抽象的象徴主義」になるのですが、

実用性も持っています。

そして、特筆すべきは体験の貴重さだと思います。

それぞれについて、詳しくお話しいたしましょう。

 

罫線

 

1 内観

シンボルアートを作るためには、

まず最初にクライアントの個性をしっかり掘り出し、キーワード化します。

それは自身の内面に深く降りていただく「内観」に近いものです。

ただし、心理虜法的なそれと違って、シンボルアートの内観はフレンドリー。

雑談的な会話の中から、その人の個性やこだわりを引き出します。

今のところ、それができるのは主催者のスギオカだけですが、

ワークショップではメソッドのエッセンスをお伝えしていますし、

いずれは後進も育てるつもりです。

ちなみに、以下のシンボルアートはスギオカ自身のもの。

意味については、「主宰者について」をご覧ください。

 

罫線

 

2 自分軸

キーワードを選定したら、次にラフ案の作成に入ります。

これをシンボルアートでは「原石の発掘」とみなしています。

その原石をデザイン的に磨き上げることでシンボルアートは完成します。

それは、あなた自身の大切な思いを凝縮したものです。

アンカーリング(それを見るとすぐに同じ状態に入れる技術)と

組み合わせれば、あなたはいつどこでも

自分の最高の状態にすぐに入ることができます。

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

罫線

 

3 制作体験

おそらく多くの方が、アーティストと関わりを持たれたことはないと思います。

そのため、アーティストに対して、

おかしな人たちというイメージを持たれているかも知れません。

しかし、多くのアーティストはピュアで素朴な人たちです。

その流れで「ぼくもそうです」とは書きにくいのですが(笑)

いずれにせよ、アーティストと一緒にご自身のシンボルアートを作る体験は

極めて珍しい体験になるはずです。

具体的には、ラフ案からIllustratorのデータにする行程を一緒に進めます。

アーティストが勝手に作るのではなく、

クライアントがただただ要望を並べるのでもない。

それは、高次元のコラボレーションと言えます。

 

罫線

 

4 コミュニティ

シンボルアートを作った人だけのコミュニティを作っています。

写真よりもその人らしさが伝わるシンボルアートは

持ち主のことを雄弁に語ります。

シンボルアートをあらかじめ見ておくと、

初めて会う人でも「ずっと前から知っていた」感じになります。

これもまた、他ではちょっと味わえない体験です。

 

kondo_4C

 

 

罫線
5 実用

シンボルアートには実利的な側面もあります。

それは、あなたを表現するロゴマークとして使えるからです。

わかりやすい使用例は名刺ですね。

「これはぼく個人のロゴです」と言うと、そこから話がはずみます。

あるいは、ステッカーやカップ、Tシャツやポスターなど。

イヤリングを特注された方もいますし、変わったところでは

バレンタインのチョコレートパッケージなんていうのもありました。

オリジナルなものを使いこなす生活をぜひ楽しんでください!

 

 

お申し込み

まず、以下の質問フォームからご連絡ください。

この質問フォームも、ご自身の人生を振り返る良いきっかけになるはずです。

正式な発注は、数回のやりとりの後で確認させていただきます。

なお、ご依頼をお受けできない場合があることを、あらかじめご了承ください。

コミュニティの健全な維持が主な理由です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ