開催の記録/2016.8.28

場所:NAGAYA かわさき
人数:16名/川崎

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトボードに今日のメニュー。
お品書きのような感じですね。
手前のうさぎはアリスのうさぎを意識しました。
「時間」がテーマなので。

 

02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の外には多摩川が流れる素敵な空間で
まずは、『PAAR』と『GRUND』で肩ならし。
のっけから和気藹々としたムードが嬉しいです。

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、『時の祭壇』のルールを説明中。
『時の祭壇』はぼくの作ったものの中では
少しだけルールが複雑ですが、
みなさん、すんなりと飲み込んでいただけました。

 

04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『時の祭壇』はいろんな種類のカードを使えるので
毎回テーブルの景色が違います。
この卓は温かみのある祭壇。
ちょっと秋の気配です。

 

05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、土屋くんにお願いして
自家製の野菜でおつまみを準備してもらいました。
それは、もう、驚きのおいしさでした!

 

06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この和やかな空気が本当に気持ちいい。
「これが平和だ!」と、胸を張って言える
ぼくにとっての「アルカディア」です。

 

07

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、別のテーブルの祭壇。
この色合いもいいですね。

 

さて、今回は正式な形での開催だったので、
きちんとアンケートも取らせてもらいました。
多くの方が、「名前を出しても可」と言ってくださったので
アイウエオ順にご紹介します。

◼︎阿部信行さん
コミュニケーションがないとゲームって進まないんだ、
というのを実感しました。
カードゲームって自己表現に適したイベントですね。

◼︎荒木彩可さん
ゲームの考え方みたいなものを話しながらプレイするのが
とても楽しかったです。
『天使の失敗』は、話をするネタになるものがあると
やりやすかったかと思いました。

◼︎有賀賢さん
参加された皆さんのトークが凄くて、
聞き入ってしまいました。

◼︎石神康秀さん
デザイン性とゲーム性のコラボレーションが
とてもすばらしいです。

◼︎Iさん
『天使の失敗』は推薦制も追加していいかも、ですね。
悪魔のサインと人間のサインをもう少しわかりやすくして
ほしかったです。

◼︎加藤力さん
今日は杉岡くんの作品を体験させていただき、
ありがとうございました。
初めての経験でとても新鮮でした。
ルールを理解することに不慣れなので、
ちょっとドキドキしながらですが、
様々な方々が共通のルールで展開していくおもしろさを
感じました。
個人的には、やさしくコミュニケーションが
交わされるゲームが好きみたいです。

◼︎古新瞬さん
カードゲームにふれるキカイを作ってくれて
ありがとうございました。
『天使の失敗』は全く理解できませんでした。
ゴメンナサイ

◼︎佐藤ひな子さん
時の祭壇もおもしろくなってきました。
ゲームを通じて楽しみ、時間について考え、人と関わり、
複雑な要素があり、おもしろいですね。
人間っておもしろいですよね。
もやもやを考えてみます。

◼︎酒井美良さん
ゆったりできて、よかったです。

◼︎Sさん
『天使の失敗』がハイレベルで楽しかったですね。

◼︎高田智子さん
今回も色々と楽しい方と出会えて良かったです。
ゲームに関するレベルも様々でやりがいがありました。
食事もおいしかったです。

◼︎土屋剛司さん
楽しませていただきました。
料理を用意しましたが、よい感じでよかった(ホッと

◼︎豊田真紀さん
普段、ご一緒しないタイプの方々だったので新鮮でした。
『天使の失敗』はもう少し推理要素が欲しい気がします。
立候補順番だけでの推理は難しいことと、
天使の推理の軸がなくて、考えにくいかも知れないかな
と思います。

◼︎西村誠さん
思っていたよりもおもしろいね。
人の良さそうな人たちばりだし。

◼︎フレデリック・トゥルモンドさん
たのしかったです。
『天使の失敗』は時間がかかる。
カードゲームではないのでリズムが変わる。

◼︎山瀬健治さん
『天使の失敗』は非常におもしろかったです。
プレイ人数を何度かかえて、プレイを重ねてみたい
と思いました。
「人間(役)」の戦術がどうなのかにも
興味があります。

 

というわけで、『天使の失敗』は賛否両論という感じ。
確かに、推理要素はもう少しあった方がいいので、
追加ルールを考えます。
というか、考えました。
『人狼』とはまた違った道を歩むゲームになりそうです。

『時の祭壇』に関するさらに詳しい情報は、以下のボタンをクリックしてください。

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ